自動車重量税、通称重量税は国産メーカーの車もしくは外国の車など車の国やハッチバック、ワゴン車など車の形に例外なく、例えば、マツダやなどにも当たり前に負担が必要な税金のことをいいます。愛知 フィット 査定

新車登録をする時、もしくは定期的にある車検を受ける際に支払わなければいけない税なのです。脳機能 活性化リラックス コンブチャクレンズ ファスティング 効果

その納付税額はそれぞれの愛車の重さによって定められています。豆乳石鹸

「自動車重量税」と「自動車税」はまったく別の税金です。プロミノ 最安

勘違いしないようにする必要があります。生酵素

「自動車重量税とは自動車のウエートによって」「自動車税とは車のリッター数によって」その金額が変わります。天然美通 楽天

また、引き取りする時の対応も異なりますので注意が必要です。髪が薄くなってきた

自動車を売却する時には支払った車の額がいくらあっても、その金額が返ってくるということはありませんが、一方、自動車税の場合は支払い済みの税金を査定額に足してくれるといったケースがあるものの重量税に関しては上乗せされるようなケースはあまりないはずです。薮紀子 ライブ

重量税の場合は車の売却時に支払い済みの税金が残っているからと言って中古車専門店の方でそのことが配慮されることはほとんどないです。ライザップ

なのでその次の支払い、要は車検に出すまで処分を待ち手放すという手段が無駄は少ないです。配偶者ビザの申請

中古車売却の時は考慮されない重量税でも、ある条件のケースだと還ってくる可能性があります。

これに当てはまるのは車検期間が残ったままのクルマを廃車にする際です。

廃車登録をすれば残っている期間に従って重量税が返金されます。

ただ、中古車の引き取りの場合はその車が廃車になるわけではないので返ってきません。

それに所有車の名義変更をした際や盗難されたケースなども還付を受けることは不可能です。

自動車重量税が残っている期間がある車を手放すイコール、要は車検の効力が残っているクルマということになります。

そのことを買取側も配慮しますから重量税が残存していれば、それなりに売却額が上乗せされることでしょう。

当たり前ですが売却額は買取業者によって異なりますが、車検の効力がまだある事実を考慮していただければ売却する車の査定額からみたらそんなに損をするということもありません。