雑誌の折込広告、スポーツ新聞、電信柱に見かける広告やDMなどで「借金の整頓します」「多重負債をひとつにしたいと思ったら」などの宣伝を目に入れることがありますよね。PCマックス

これらは、「整理業者」「買取専門屋」「つなぎ業者」という名称の企業のおとり広告の場合があるということなのです。https://www.vttcoustellier.com/type/kanzenbunri.shtml

このようなものを申し込んだ場合は自己破産申請プロセスの中で免責許可をもらえない可能性があります。税理士 大阪 クリニック

「整理人」は、ビラなどで負債者をおびきよせ相当な依頼料を請求して負債整頓をしますけれど実際は債務整理は実行されずに、依頼者はより一層の負債スパイラルにはまってしまう結末が大方と思われます。

「買取業者」とは、借金者の分割払いで、電化製品、コンサートの券などをいっぱい買わせて、その商品を購入額の10%〜40%で買取るという手口が主です。

借金者は短期には金が手に入れられますが、いつかクレジット業者経由の購入品の売値の支払い要求が送られてきて、借金を増大させることになります。

この場合、クレジットカード会社に対して詐欺として免責承認を手に入れられなくなります。

「紹介者」というのは、大口の金融業者から借りられなくなった借金者に対して、直接の提供は全然せずに、融資をする異なる店を紹介して、料金を要求する悪徳業者です。

紹介者は手の込んだ手引きでお金を貸し出しできたという口調で会話しますが、現実は何もしないまま、種は簡単で規程のゆるいルートを把握しているだけなのです。

このケースだと本当は借金を増大させる結果に終わります。