外国為替証拠金取引(FX)で投資する面白みは、一つの商品であるのですが、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3種類の期間からどれを選択するかによって、出資の手法がまったく違ってくるということにあると言われます。

まずは外貨投資する「長期の投資」を考えよう。

長期の投資は一年以上の長期の投資を基本にしているのが普通です。

だいたい為替相場においては一年以上後の相場が円高なのか、それとも円安かを推測するのはたいてい無謀かと思います。

普通の人は「そんなに後々の情勢はわからない」と思うのが当然です。

考えられないものをなんとか予測しようと思ったところで、それは無茶苦茶な行為です。

そういったことから外国の貨幣を買ったと仮定して、その時点でのレートよりも円高でもそのマイナス分は近いうちに戻ってくるはずだという程度の感じで売買にチャレンジするのがベストです。

為替の差益をアグレッシブに大きくすることよりも他の儲けつまりはスワップ金利で収益を上げるということを、一番の目当てとして投資しましょう。

無論為替変動の影響で損が大きく膨らむこともあります。

そんな訳でこんな損が膨らんでもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限で売り買いすることがポイントです。

FX(外国為替証拠金取引)は損が一定額以上に増えてしまうと追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったりストップロスを置くことになります。

損切りをしたらそこで売買を終わりにせざるを得なくなり長期の取引はストップします。

この手のリスクを抑えるにはレバレッジ2?3倍程度でトレードすることです。

第二に中期のスタンスを狙った取引です。

中期スタンスの場合、一番長くて1?2ヶ月位先を見越してのトレードを行うのです。

為替のトレードにおいては、だいたい1ヶ月ほど先のことは、だいたい、推測可能な場合が多いでしょう。

G7等の会議であったり為替取引参加者がどのような内容に関心があるかを見れば、いくらか予知できるはずです。

こういった経済の状態をチェックしつつグラフをチェックすることによって、為替の相場の状態をわかるようになりどちらのポジションかをジャッジするのがいいでしょう。

基本的に、経済情勢とテクニカルのどっちも光りもしくは買い傾向が同様の時はまずジャッジした通りに行くと思って間違いありません。

そこでポジションを増やすことで一層高い儲けを手に入れられるはずです。

第三に短期スタンスの狙いどころです。

ここでいう短期トレードというのは、つまりはデイトレーディングを意味しています。

為替相場でデイトレーディングを行う時は、経済の基礎的条件はいっさい絡んでいないと明言していいです。

なぜならば明日の為替レートの変動に経済の基礎的条件は影響しないからです。

この場合の、カギは大規模な催しがある場合、それが影響して為替相場が著しく動く一瞬を見過ごさないよう行動することです。

例を挙げると、米国にて雇用情勢が出されるそれとも金融政策などにより制作金利が変化するというようなイベント。

こんなチャンスに変化を捉えるといった意味合いで、短期トレードでは多様なデータが必要になる。