FX(外国為替証拠金取引)の投資をする上での目標は、世界各国の流通貨幣です。公式貨幣についての事を吸収していこうと思っています。・流通通貨には「基軸通貨」という名称で称されている通貨がございます。基軸通貨の意味は国と国での決済に関してや金融商品の取引に関して重点に置いて使用される流通貨幣のことを言いますが今日では$(アメリカドル)を意味します。一昔前は英ポンドが基軸通貨だったのですが第二次世界大戦が終わった後アメリカ合衆国ドルになったのです。・FXで取引きしている公式貨幣の種類においては、他で言う外貨での投資と比べてひときわ多いのが特性でしょう。FX会社によって、扱う通貨の種類に際しては違ってきますが平常ではおおよそ20種類あるようです。その種類の中でも動きが高い数値の流通貨幣をメジャー通貨と言います。流動する性質が大きいが表すことは、売り買いが実行されており公式貨幣の売買が簡易なことです。主とされている貨幣には上記にてお話した基軸通貨のアメリカ合衆国ドルに、日本円、?(ユーロ)3つがあげられ世界三大通貨と呼ばれております。豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われています。これらの通貨以外の流動する性質が少ない通貨についてはマイナー通貨と言われて比較的経済における力が弱い国での流通通貨で南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどが広く支持された通貨はドレードされてるレベルが多量ですから、値の激動が堅調で、ニュースの量も多くいきかっているようです。マイナー通貨は利息の面で高値な通貨というのが多く、値の変動が大きいみたいです。値の激動が激しいという事においては、多大なもうけを得る好機があるのですが、チャンスがある分マイナス要因も大きくて不安定事があげられます。更に変動性が低い公式貨幣ですから、決済したいと思った時でも終了が不可能なと予想される事があるので注意しましょう。何の通貨を厳選するのかは、各々の通貨の特色を念入りに調べてから取り組む事は重要であると感じます。